Flamingo で送信されたメッセージを保存する

Contact Form 7 は送信されたメッセージをどこにも保存しません。ですから、もしメールサーバーに問題があったり、メールの設定に間違いがあったら、大事なメッセージを永久に失うことになるかもしれません。

そんなことになる前にメッセージ保存プラグインをインストールしましょう。Flamingo がコンタクトフォームから来るすべてのメッセージをデータベースに保存します。Flamingo は Contact Form 7 と同じ作者により作られた無料の WordPress プラグインです。

» WordPress.org から Flamingo プラグインをダウンロード

メッセージの件名と送信者欄をカスタマイズする

受信メッセージ管理メニュー内に件名送信者の欄があり、それぞれメッセージの件名、送信者の名前とメールアドレスが入ります。

デフォルトではこれらの項目は Contact Form 7 のデフォルト入力項目、your-subject、your-name、your-email から値を取ります。したがって、コンタクトフォームの内容が変更されておりこれらのデフォルト入力項目がない場合には、件名送信者欄に正しい値が表示されません。

そのような場合には各項目のカスタマイズを試してみましょう。

コンタクトフォーム編集ページのその他の設定タブを開いて次のように行を追加します。

flamingo_email: "[the-email-field]"
flamingo_name: "[the-name-field]"
flamingo_subject: "[the-subject-field]"

各行の値では通常のテキストとメールタグが使えます。また、複数のメールタグを使うこともできるので、単一の名前入力項目の代わりに姓と名の二つの項目があるような場合には flamingo_name を次のように設定してみるといいかもしれません。

flamingo_name: "[first-name-field] [last-name-field]"

WordPress のお問い合わせフォームプラグイン。シンプル、でも柔軟。