reCAPTCHA (v3)

reCAPTCHA はスパムやその他の自動化された嫌がらせからあなたを守ります。Contact Form 7 の reCAPTCHA インテグレーションモジュールを使えば、スパムボットによる不正なフォーム送信を遮断できます。

reCAPTCHA API の現在の最新バージョンは v3 です。バージョン 5.1 以降の Contact Form 7 はこの reCAPTCHA v3 API を使用します。reCAPTCHA v3 は人目につかないバックグラウンドで仕事をするので、これまでのように画像の中のぼやけたテキストを読ませたり、「私はロボットではありません」のチェックボックスを選択させたりする必要がなくなります。

注意: reCAPTCHA v3 と v2 の API キーはそれぞれ別のものです。v2 のキーは v3 の API では機能しません。再度サイトを登録して v3 のキーを新規に入手しましょう。

もしあなたが古いバージョンの Contact Form 7 を使っていて v2 API に対応した reCAPTCHA モジュールに関する情報を探しているなら、reCAPTCHA (v2) を参照してください。

サイトを登録する

reCAPTCHA の使用にあたって、まずあなたの WordPress の登録が必要です。reCAPTCHA は Google のサービスなので、使用には Google のアカウントが必要になります。そのアカウントで Google にログインして、My reCAPTCHA ページに移動します。下に見られるような簡単な登録フォームがあるはずです:

screenshot of My reCAPTCHA page
My reCAPTCHA ページ

選択肢から reCAPTCHA v3 を選択して、Domains 項目にウェブサイトのドメインを入力します。

ウェブサイトの登録が済んだらそのサイトのサイトキー (site key) とシークレットキー (secret key) が取得できるようになります。

Screenshot of reCAPTCHA site details including the site key and secret key
Site details

次に、WordPress の管理画面に移動して、お問い合わせ > インテグレーション メニューのページを開きます。

Screenshot of the Integration menu page
インテグレーションメニューページ

そこに「reCAPTCHA」というタイトルのボックスが見つかるでしょう。その中にある「インテグレーションのセットアップ」ボタンをクリックすると、サイトキーとシークレットキーの入力項目が表示されます。前のステップで取得した二つのキーをこれらの項目にペーストして、「変更を保存」ボタンをクリックします。

Screenshot of the Integration page after entering the API keys
API キーの入力

これで終わりです。これによりあなたのコンタクトフォームは reCAPTCHA のスコアを利用して、フォーム送信が人間からのものかそれともスパムボットからのものか判別することができるようになります。

reCAPTCHA v3 では CAPTCHA ウィジェット (reCAPTCHA v2 にあった「私はロボットではありません」のチェックボックス) が不要になるので、[recaptcha] フォームタグももう用済みです。[recaptcha] フォームタグがフォームテンプレート中にある場合、Contact Form 7 5.1 以降ではそれらは無視され、空の文字列で置き換えられます。

WordPress のお問い合わせフォームプラグイン。シンプル、でも柔軟。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。